秋田選挙区
候補者一覧

議席数 : 1

候補者数 : 6

前回投票率 : 56.29%

キーワード

一覧

動画

アンケート比較

石井 ひろお

イシイ ヒロオ

58歳
|参議院議員
自由民主党
石井 ひろお

イシイ ヒロオ

58歳
|参議院議員
自由民主党

村岡 としひで

ムラオカ トシヒデ

61歳
|前衆議院議員、会社役員
無所属
村岡 としひで

ムラオカ トシヒデ

61歳
|前衆議院議員、会社役員
無所属

藤本 ゆり

フジモト ユリ

43歳
|政党役員
日本共産党
藤本 ゆり

フジモト ユリ

43歳
|政党役員
日本共産党

本田 幸久

ホンダ ユキヒサ

40歳
|介護士
NHK党
本田 幸久

ホンダ ユキヒサ

40歳
|介護士
NHK党

ささ ゆりこ

46歳弁理士

無所属

経済・
財政政策

石井 ひろお

石井 ひろお

東京への一極集中を是正し、東京と秋田・地方の格差をなくすことです。この課題を解決するため、秋田県の基幹産業である農林水産業、企業の9割以上を占める中小企業・小規模事業者をしっかり立て直し、秋田県を始めとした地方を活性化させる政策の実現を目指します。

村岡 としひで

村岡 としひで

日本経済は今、物価は上がるのに経済は低迷する「スタグフレーション」に陥りつつあり、所得を増やす政策と価格高騰対策が急務です。中小企業が正社員を雇用いた場合の事業主の社会保険負担の軽減、賃金を上げた場合の法人税の減税や賃金補填制度、下請け保護制度、事業継承制度の拡充など中小企業支援策を強化し賃金向上に繋げます。また時限的な消費税減税、ガソリン税の減税など「家計減税」で家計の消費力を高めます。

藤本 ゆり

藤本 ゆり

物価高騰には消費税減税と賃上げ、年金削減中止が効果的。男女の賃金格差を政治の責任で解消していくことも必要。労働者に賃金引き上げと年金の引き上げこそが経済活動を活発にする。アベノミクスで大もうけを上げ、内部留保をさらに増やした大企業と富裕層に応分の税負担で財源は作れる。

ささ ゆりこ

ささ ゆりこ

多くの国民や事業者が物価高に苦しんでいるのに、政府は有効な対策をしていない。日本で暮らす私たちの生活が見えていないからだ。消費税を時限的に減税し、食料品や日用品の値上げから暮らしを守る。給料を上げ、生活の底上げをすることで物価高に対抗する。ガソリン減税、灯油購入費補助など原油価格高騰対策を実施。農家を苦しめる肥料・飼料の高騰対策も強化。物価高でも安心して暮らせる年金制度への改革を急ぐ。

安全保障

石井 ひろお

石井 ひろお

日本を取り巻く国際情勢は緊迫の度合いを増しています。日米同盟を基礎とし、オーストラリア、インド、ASEAN、欧州、台湾など普遍的価値を共有するパートナーとの連携強化を目指します。また、安全保障環境や技術革新、社会生活の変化などを鑑み、時代に合わせた日本国憲法の改正を目指します。改正にあたっては、国民の皆様に憲法改正の必要性をご理解いただきながら丁寧に進めて参ります。

ささ ゆりこ

ささ ゆりこ

ロシアのウクライナ侵攻を受け必要性を唱える政治家もいるが、対外的な緊張を高める敵基地攻撃能力、核共有は必要ない。武力で国民の命と財産を守れないことを私たちは学んでいる。憲法9条改正も反対。自衛隊を明記すれば、戦争の放棄や戦力の不保持、交戦権の否認を否定することになる。日本が防衛戦略を変更したと受け止められ、周辺諸国との緊張を招く。対話外交や日米及び多国間の連携を強化し、総合的な抑止力を向上させる。

外交

藤本 ゆり

藤本 ゆり

憲法9条改正ではなく生かした平和外交で戦争のない友好的な東アジアを作ることが国民の命を本当に守ること。敵基地攻撃能力の保有や軍事費倍増でば周りの国々との軍事的緊張を高めるだけなので、戦争を起こさないために外交に知恵と力を尽くすのが本当の政治の役割。

社会保障

石井 ひろお

石井 ひろお

医療・介護における低所得者対策の強化や低年金者対策の充実とともに、経済的な負担が大きい子育て世代の負担軽減により、全ての世代の方々が健康で安心して暮らせる、希望に満ちた社会を目指します。また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に対応するため、国産ワクチンや治療薬の開発、医療提供体制の拡充などの危機管理対策を強化します。

子育て支援

村岡 としひで

村岡 としひで

児童手当や奨学金など子育て・教育支援策から所得制限を撤廃。日本の将来を支える子どもを等しく支援するため、親の年収にかかわらず、児童手当を18歳まで一律で月額1万5千円に拡大、子ども3人で計一千万を支援します。児童手当のさらなる拡充やバウチャー制度を検討、すべての子どもが人生の平等なスタートラインに立つための施策を実施します。0~2歳の幼児教育・保育無償化の所得制限をなくし、完全無償化を目指します。

ささ ゆりこ

ささ ゆりこ

社会基盤や産業も守ってきた自然も、それを担う若い世代が育っていなければ継続しない。有効な少子化対策が急務だ。保育・学童保育・社会的養護の底上げをし、社会全体で子どもを育む。子育て世帯を孤立させない。高校までの医療費無料化や保育料の無料化、0歳児のおむつ定期便や給食費の無料化、公共施設の入場料無料化など子育て支援に力を入れ、若い世代を呼び込むことに成功している自治体の政策を躊躇なく取り入れるべきだ。

伊東 万美子

伊東 万美子

未来の子供達が大切だと思うので、コミュニティで皆んなで子供達を育てていけるような政策を考えたい。

教育・文化

藤本 ゆり

藤本 ゆり

日本は高学費で低補助が学生を苦しめている。大学などの学費を半額、給付制奨学金の拡充、学校給食の無償化を進めて、子どもたちの学ぶ権利を守ることが、社会を発展させることにつながっていく。コロナ禍では文化活動への支援が不十分で、ライブハウスや劇場などが閉館に追い込まれた。日本の低すぎる文化予算をヨーロッパのように豊かにしていく。

伊東 万美子

伊東 万美子

学校教育について提案。小学校教育にて日本の伝統文化の教育。歌舞伎、能、狂言、相撲、雅楽、舞踊などの社会科見学の義務化。日本神事教育。古代史教育

環境問題・
エネルギー

村岡 としひで

村岡 としひで

自然環境への影響等の徹底調査のもと、地熱・火力・風力・太陽光発電など「県産自然再生エネルギー」による脱炭素社会のモデル地域を推進し、全国一の「脱炭素社会立県」をめざします。災害の多発化等を引き起こす地球温暖化への対応として、エネルギー分野での脱炭素は大きな柱であり、全国に先駆けて本県沖に洋上風力発電産業の大集結が行われることは秋田を変える大きなチャンスであり地熱発電や水力発電と併せ更に進めます。

伊東 万美子

伊東 万美子

今のエネルギーの供給では、環境破壊する方向にしかいかない。フリーエネルギーを考えていきたい。

※重点政策アンケートの掲載がない場合は回答されていないか、回答直後の可能性がございます。アンケートの反映にはしばらくお時間をいただきます。また回答されていない場合はこちらから回答をお願いします

※重点政策アンケートは各候補者に全部で10個ある政策課題から特に重要と考える3つを選択してもらい掲載しておりますので他の政策について回答がないという事ではありません

※比例代表の出身地は各候補者へ依頼した重点政策アンケートから回答いただいたものを掲載しております

※候補者の年齢は投票日または任期満了時点の年齢となりますので閲覧時点の年齢とは異なる場合がございますので予めご了承ください。
※候補者については申請いただいた内容、公認情報、現職など複数の情報を収集し掲載しております。

※情報量の違いについて:政治家・候補者の方が選挙ドットコム上で情報を発信しするためのツール「ボネクタ」(有料:選挙種別ごとに同一価格でご提供しております)を利用しご自身でブログ情報発信するなど書き込むことができます。

※選挙情報に誤りがあった場合、恐れ入りますがこちらよりお問合せください。

※候補者・関係者の方へ:政治家・候補者情報の掲載・変更・削除は無料で承っておりますので、こちらをご確認ください。

「比例代表をより身近に」

その他、様々な絞り込みを用意しています

「比例代表」全政党を見る