沖縄選挙区
候補者一覧

議席数 : 1

候補者数 : 5

前回投票率 : 49%

キーワード

一覧

動画

アンケート比較

古謝 げんた

コジャ ゲンタ

38歳
|無職
自由民主党
古謝 げんた

コジャ ゲンタ

38歳
|無職
自由民主党

イハ 洋一

イハ ヨウイチ

70歳
|参議院議員
無所属
イハ 洋一

イハ ヨウイチ

70歳
|参議院議員
無所属

金城 タツロー

キンジョウ タツロウ

58歳
|幸福実現党沖縄県本部総括支部代表
幸福実現党
金城 タツロー

キンジョウ タツロウ

58歳
|幸福実現党沖縄県本部総括支部代表
幸福実現党

河野 さだふみ

カワノ サダフミ

48歳
|元福岡県警察官、自営業(私塾幼明館代表)
参政党
河野 さだふみ

カワノ サダフミ

48歳
|元福岡県警察官、自営業(私塾幼明館代表)
参政党

山本 けい

ヤマモト ケイ

42歳
|自営業(カンナビノイド含有製品専門店及びエデュケーション)
NHK党
山本 けい

ヤマモト ケイ

42歳
|自営業(カンナビノイド含有製品専門店及びエデュケーション)
NHK党

古謝 げんた

38歳無職

自由民主党

イハ 洋一

70歳参議院議員

無所属

金城 タツロー

58歳幸福実現党沖縄県本部総括支部代表

幸福実現党

河野 さだふみ

48歳元福岡県警察官、自営業(私塾幼明館代表)

参政党

新型コロナ
感染対策

河野 さだふみ

河野 さだふみ

コロナ騒動を即時解決する

経済・
財政政策

古謝 げんた

古謝 げんた

社会情勢の変化に対応できる、しなやかで強い経済を持つ沖縄を実現するため、観光、健康、環境、海洋、起業の新5K経済を促進する。「量も質も」高めていく観光産業、豊かな食文化や最新のテクノロジーを活用した健康産業、島嶼県であることを活かした環境産業、海の資源を活用する海洋産業、そしてベンチャー企業・スタートアップを促進する起業文化の醸成によって、沖縄の文化や特性を生かした産業振興に取り組む。

イハ 洋一

イハ 洋一

コロナ禍からの県経済、県民生活、特に観光関連産業を再生させることが重要だと考えます。時限的な消費税5%減税、ガソリンなど物価高騰対策も合わせ、アジア経済を取り込み、観光の高付加価値化、イノベーション、スタートアップ支援などにより、一人当たり県民所得を向上させていきます。

金城 タツロー

金城 タツロー

歴代政権によるバラマキ政策で、日本の政府債務は国と地方合わせて1200兆円に達しており財政は危機的な状況です。「国家繁栄と存続の基礎」である健全財政を実現するために、政府の無駄な仕事を“減量”化して、歳出を大幅に見直すことが必要です。そして悪しき結果平等につながる累進課税は見直し、一人一人のやる気を引き出す「シンプルで安い税金」で「勤勉革命」を実現させ、日本経済を復活させることが必要と考えます。

憲法改正

金城 タツロー

金城 タツロー

「国家存亡の危機」に直面する今、現行憲法の規定が制約となって、他国の侵略行為から国家や国民を守れないのであれば、本末転倒と言わざるをえません。占領下で制定された現行憲法を日本人自らの手で創り直すことで、「戦後」に終止符を打ち、真の独立国家としての体制を整備すべきです。軽武装・経済優先の方針を示す「吉田ドクトリン」から脱却するとともに、9条を全面的に改正して「防衛軍」を創設することを急ぐべきです。

安全保障

古謝 げんた

古謝 げんた

普天間飛行場の危険性除去は一刻も早く実現しなければならず、その跡地活用には沖縄が発展していく大きな可能性がある。現実的な、早期の危険性除去方策として、普天間飛行場の辺野古移設を容認する。あわせて、嘉手納以南の統合計画をしっかり進め、跡地の活用によって新たなまちづくり、産業づくりを進める。こうした基地の跡地利用については、国と県と市町村が連携しながら、沖縄の発展につながる活用を進めていきたい。

イハ 洋一

イハ 洋一

普天間飛行場閉鎖撤去、辺野古新基地建設反対、オスプレイ配備撤回、基地由来の有害物質PFAS汚染水問題に取り組みます。憲法9条を守り、日米地位協定を抜本改定するとともに、住民合意のないまま地域に分断を持ち込む南西諸島への自衛隊ミサイル配備に反対し、二度と沖縄を戦場にさせません。屋良建議書から建白書、玉城デニー知事の新建議書へと受け継がれた「基地のない平和な沖縄」を願う県民の想いを国に届けていきます。

金城 タツロー

金城 タツロー

岸田政権によるロシアへの一方的な制裁措置により、日本は中国、北朝鮮、ロシアの三正面作戦を余儀なくされています。憲法9条を抜本的に改正して、自衛隊を「国防軍」に位置付けるなど、この国を守りきるための体制整備を進めていくべきです。同時に、「核を持ち込ませず」など非核三原則を見直して米国による核の持ち込みを認めるほか、自前の核装備も積極的に議論して、核抑止力を万全のものとしなければならないと考えます。

子育て支援

古謝 げんた

古謝 げんた

沖縄において重要な課題である子どもの貧困にしっかりと取り組む。子どもの貧困を連鎖させないために、幼少期から成人に至るまでの保育・教育支援、キャリア・就労支援に取り組む。生活困窮者やひとり親家庭等への支援を強化し、子ども食堂など、子どもの居場所の継続的・安定的な運営を支援する。また、ヤングケアラーの実態を把握し、適切な支援を実施する。

イハ 洋一

イハ 洋一

子どもの貧困解消に向けて取り組みます。子ども支援員や居場所の提供などの個別対応の充実に加え、貧困対策の数値目標を設定し、親の就労支援や生活保障など、積極的な支援を行います。私自身、母子家庭で育ち、母の苦労を感じながらも、集落の大人たちの優しさの中で育てられました。沖縄で2人の子どもを沖縄で育てた経験も活かし、厳しい環境にある子どもや若者のために働いていきます。

河野 さだふみ

河野 さだふみ

教育の選択を広げ、内容を充実させる

教育・文化

河野 さだふみ

河野 さだふみ

教育の貧困の解消

※重点政策アンケートの掲載がない場合は回答されていないか、回答直後の可能性がございます。アンケートの反映にはしばらくお時間をいただきます。また回答されていない場合はこちらから回答をお願いします

※重点政策アンケートは各候補者に全部で10個ある政策課題から特に重要と考える3つを選択してもらい掲載しておりますので他の政策について回答がないという事ではありません

※比例代表の出身地は各候補者へ依頼した重点政策アンケートから回答いただいたものを掲載しております

※候補者の年齢は投票日または任期満了時点の年齢となりますので閲覧時点の年齢とは異なる場合がございますので予めご了承ください。
※候補者については申請いただいた内容、公認情報、現職など複数の情報を収集し掲載しております。

※情報量の違いについて:政治家・候補者の方が選挙ドットコム上で情報を発信しするためのツール「ボネクタ」(有料:選挙種別ごとに同一価格でご提供しております)を利用しご自身でブログ情報発信するなど書き込むことができます。

※選挙情報に誤りがあった場合、恐れ入りますがこちらよりお問合せください。

※候補者・関係者の方へ:政治家・候補者情報の掲載・変更・削除は無料で承っておりますので、こちらをご確認ください。

「比例代表をより身近に」

その他、様々な絞り込みを用意しています

「比例代表」全政党を見る